「ケイサポ」おすすめの物流事業者の紹介【2024年最新】

目次

1 2024年の運送・倉庫事業者の課題

2024年の運送・倉庫事業者にとっての課題は、高い燃料コストとそれに伴う運賃の上昇、労働力の不足、そして持続可能性の追求です。燃料価格の上昇は収益性に影響を及ぼし、運送業者は効率的なルートプランニングや車両メンテナンスの最適化を余儀なくされます。また、労働力の不足はトラックドライバーや倉庫作業員の採用を困難にし、サプライチェーン全体の流動性に影響を与えます。さらに、持続可能性の追求は環境に配慮した運送方法や倉庫の省エネルギー化への取り組みを求め、業界全体での革新と技術の導入が求められています。

2024年問題

2024年問題は、働き方改革法案によってトラックドライバーの労働時間に上限が課されることで生じる課題を指します。この法案により、トラックドライバーの1年間の労働時間が年間960時間まで制限されます。これは、トラックドライバーが荷物を運ぶ時間が制限されることを意味し、物流業界に大きな影響を与える可能性があります。

この制限により、トラックドライバーが一定時間を超えて働くことができなくなります。その結果、荷物の輸送にかかる時間が増え、配送の遅延や物流の停滞が発生する恐れがあります。特に需要が高まる時期や緊急の輸送が必要な場合に、制限された労働時間はサプライチェーンの流動性を阻害する可能性があります。

また、トラックドライバーの数が不足している状況で、制限された労働時間は業界の労働力不足問題をさらに深刻化させる可能性があります。企業は、効率的なルートプランニングや労働力の最適な配置によって、労働時間制限を克服する必要があります。

このような課題に対処するためには、物流業界全体での効率化の取り組みやテクノロジーの活用が必要です。自動化技術やルート最適化ソフトウェアの導入など、労働時間制限による影響を最小限に抑えるための対策が求められます。

扇町運送株式会社

弊社は、プラットホームのある広々とした自社物流センターを活用し、お客様の顧客サービスの向上、物流コストの削減を実現させて、お客様の市場競争力の確保に繋げる事を得意としております。

ヘアーアクセサリーの企業様の入荷検品作業、品番別ロケーションのバーコード管理、ピッキング、梱包、出荷作業もしています。お客様にお届けし、お客様がケースを開けたときに感動するラッピングをしています。

運送、倉庫、物流加工、システム代行、納品代行を第三者の目線で全体最適編ご提案
弊社では3PL事業部として、物流センター機能のサービスもございます。
弊社共同配送(運輸事業にリンク)と合わせますと、集荷業務が簡素化され、メリットの創出が可能です。また大阪南港に立地しており、デバンについても安価で行うことが可能です。

会社名扇町運送株式会社
住所大阪府大阪市住之江区南港南4丁目1番7号
アクセス・バス停南港南四丁目/大阪シティバスから徒歩2分
電話06-4703-9200
営業時間月~金:9:00〜17:00
主要業務①量販店への共同配送
②共同3PL
代表成田 暢行 
公式HPhttps://ogimachi.co.jp/
お問合せメール
扇町運送株式会社

3 掲載企業募集中

おすすめの事業会社

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次